スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里親様だより(ナッツ君、ハルナツちゃん、ジュナ君、つむぎちゃん)

里親様だより・その2です。

まずは、保護猫1号のイチ君ことナッツ君。2014年6月生まれなので、もう3歳になりました。
相変わらずママさんパパさんに溺愛されている様子です。(写真をブログから拝借しました)

IMG_0134-1[1]

7月の大雨の際は、高台にご家族で一緒に避難されてそうです。
外の大雨に興味津々のナッツ君だったそうです。
里親様のナッツ君の溺愛ぶりがわかるブログは、「ニャンファミリー」 nyannutsmama.blog.fc2.com をご覧ください!

IMG_0112[1]

お次は、2015年5月生まれの保護猫7号ナナちゃんことナツちゃん、8号ハッチ君ことハル君。2歳になりました。
ハル君は牙がのびてワイルドイケニャンになったそうです。
首輪は手作りだそうです。似合ってますね!

image1_20170122155141.jpg

ナツちゃんは、ちょっとぽっちゃりしてきたとか。
写真は里親様の布団の上に乗っているのかな?布団に乗られると重いですが、猫様のためなら我慢ですよね。
兄妹猫のロクちゃんの分まで長生きしてね。

image2_20170122155217.jpg

次は、2016年4月生まれの保護猫17号のジュナちゃん。

お子さんと一緒に箱に入ったりして、仲良く遊んでいるそうです。

この写真は、ほほえみながら寝ているような・・

1505561941702.jpg

相変わらず甘えんぼさんで、かわいいそうです。

1505561919933.jpg

最後は、2017年の卒業生である保護猫22号ニニちゃんこと、つむぎちゃん。
卒業してすぐ、ハゲができたそうで、すぐに病院通いになったそうです。しばらくして、兄妹のニーチ君こと、しゅん太君もハゲができたそうで、今年は動物管理センターではハゲが流行ったのかもしれません。


image1-1.jpg

里親さん探しのお泊りに行ってるニョンちゃんもハゲ仲間でした。
写真は、猫友がんもちゃんのお宅でお泊り保育に行っていた8月上旬ごろの写真です。
左目の周りが赤いです。

2017080523320000.jpg

お腹ポンポコなヘソ天のニョンちゃん。

2017080523360001.jpg

卒業生のように、素敵な家族と巡り合いますように。
スポンサーサイト

里親様だより(真冬の4兄妹)

ニョンちゃんがお泊りに行って、静かな日々を送っています。
朝晩涼しくなってきたので、オグが久々に私の布団に来るようになりました。
手を伸ばせば、もふもふがあると、ニヤっとする私です。

さて、うちを卒業して本当のおうちに行った子たちの里親さんからいただいた写真を長いことため込んでいました。
2016年1月の大雪の翌日にやってきた真冬の4兄妹。
保護猫12号から15号の4人兄妹で、12号のジュニー、14号のジュヨが偶数ペア、13号のジューサ、15号のジュゴが奇数ペアでそれぞれのお宅へ行きました。

まずは、偶数ペアから。

頭に紙切れが乗ってるのに気づいていないようなジュヨ君ことジャック君。
体重も6キロを超えて、大きくなったそう。性格はおっとりさんだそうです。



ジュニーちゃんこと月ちゃんが右で、ジャック君が左です。
二人とも手先に白手袋をしててかわいいですね。

IMG_3515.jpg

二人仲良く寝ていますね。

IMG_3729.jpg

そして奇数組のジュゴ君ことララ君。
甘えんぼさんは相変わらずだそうです。体重は5.3キロだそうです。

20170507_082042.jpg

そしてジューサ君ことルル君。しっかり者のお兄ちゃんだそうです。体重は6.4キロ!大きくなりました。

20170507_071505.jpg

最後はくっついて寝る偶数組さん。

IMG_2167.jpg

実は奇数組さんも同じようにくっついて寝ていまして、離れていても兄妹だなあと思った次第です。

20161216_230050.jpg

仲良しで、元気で何より!
里親様、写真ありがとうございました。
掲載が遅くなり、ごめんなさい。

里親さんを探して

9月2日(土) 保護36日目

お膝大好きニョンちゃん。
夜は、オグと夜中に暴れだしたりするので、ケージに入ってもらっていますが、私が昼寝をするときは添い寝に来ます。
お腹の上にもドスドス乗ってきますが、しばらくするとちゃんと横に寝ます。
オグが布団に来るのは、秋から春で、今の時期はほとんど寄ってこないので、ちょっと嬉しい私でした。



9月3日(日) 保護37日目

地元で開かれた譲渡会に参加しました。
またもやチビチビ子猫がいて、ニョンちゃんは素通りされるばかり・・
11時から2時まででしたが、こりゃ~決まらないなと思い、終了30分前くらいに退散しました。
ボランティアスタッフさんには、ニョンちゃんがゴロスリ猫と言ったら、慣れてない子よりも、ゴロスリ猫が好きっていう人は多いから、里親さん見つかりますよ、と慰さめられました。

DSC_0872.jpg

ニョンちゃんの未来の家族さん~、ニョンちゃんはここでいい子にしてますよ。

募集サイトのペットのおうちに加え、ネコジルシにも掲載をしました。

募集No91938
「背中にミッキー柄ニョンちゃん里親様募集」
https://www.neko-jirushi.com/foster/91938

IMGP4027.jpg

9月6日(水) 保護40日目

かまってちゃんタイプのニョンちゃん。
対するオグは、物静かなタイプで、ニョンちゃんからちょっかいを出されないように、ニョンちゃんが登れない高いところにいることが多いオグ。
ニョンちゃんが使っているケージの上は、ニョンちゃんが飛び乗れないこともあり、オグの絶好のくつろぎスポットになっていましたが、この日、とうとうケージの上に登ったニョンちゃん。
直接ケージに飛び乗ったわけではなく、ケージの横にある押入れにまず登り、押入れからケージに飛び乗ったようです。

ちょっといやそうなオグの顔です。

DSC_0919.jpg

9月8日(金) 保護42日目

ニョンちゃんは、保健所に持ち込まれ、その後、譲渡対象猫ということで動物管理センターにしばらくいたのですが、カビによるハゲができたため、センターだとほかの子に感染したり、夏場は冷房もない環境ということで、カビを治すためにうちに来ました。
ムトーハップのおかげでカビも治り、うちで里親さん募集をしていましたが、なかなか問い合わせがない状態でした。

うちの県の譲渡対象子猫は、管理センターから譲渡センターに移って、そこで里親さんを待ちます。
譲渡センターは開いている日が基本的には平日のみですが、月に1回ずつ土曜日と日曜日に開いている日があり、9月9日が土曜日の開所日でした。
週末開所日のほうが平日よりも猫を見に来る人が多いとのことで、この日にニョンちゃんを連れてきませんか?とセンターの担当獣医さんから提案があったのですが、この日はあいにく仕事で連れていけなかったため、8日にニョンちゃんを連れて譲渡センターへ行きました。

出発前にオグにお礼を言いなさいと言って、ケージの上に乗せました。
目をそらすオグさん。

DSC_0925.jpg

譲渡センターに預けるという話があったときは、仕事から帰ってきた翌日の9月11日に迎えに行くつもりでしたが、うちにいるよりも里親さんが見つかるチャンスがあるのではと思い、次の週末開所日である9月24日まで預かってもらうことにしました。

センターには、ニョンちゃんと同じくらいの子猫が数匹いて、楽しく遊んでくれるかなという期待もあり・・

連れていくと、慣れるまでケージに入れておきますとのことで、ケージに入れらるニョンちゃん。
不安そうな顔をしていたので、後ろ髪をひかれながら帰ってきました。

実際は、連れて行った翌日に行った獣医さんの話では、まだまだ緊張していたようでしたが、慣れると遊ぶこと大好きなので、同じくらいの月齢の子猫たちと楽しく遊んでくれるだろうというのを期待しています。

で、里親さんも見つかれば最高なのですが。

IMGP4042.jpg

ニョンちゃん、頑張れ!


里親さん募集開始

ニョンちゃんは、チビチビ子猫じゃないので、体重も思いついたときにしか量らず、育児日記もトビトビでしかつけておらず、細かい記録になっていません。

8月13日(日) 保護17日目

なるべく写真もたくさん撮ろうと思うのですが、目の周りがまだ赤く、またやんちゃっ子なので、じーーっとして写真を撮らせてもくれず、写真もあまりありません。

まだまだ目の周りは赤いです。

DSC_0795.jpg

8月16日(水) 保護19日目

私が留守の間もケージから出してフリーにするようになりました。
ニョンちゃんは、うちに来た時からウンは1日1回です。子猫は1日2回の子が多いので、しっかり注意してないと、オグなのか、ニョンちゃんなのかがわからないときも。

前日はウンしてないなあ、便秘かなと思ったら、なんと猫部屋に置いていた布団の上にしてました・・
ウンなら、カバーを洗えば大丈夫、カバーの下の布団本体に染みてしまうシッコよりもマシと思いながら、カバーを洗いました。
粗相は、これ1回なので、もし里親さんに名乗り出ようと思われている方はご心配なさらずに。

目の周りの赤味は少しひいてきたような。

DSC_0805.jpg

8月20日(日) 保護23日目

地元で開かれた譲渡会に参加しました。
生後1~2か月のチビ子猫も数匹いましたが、ニョンちゃんくらいの3か月くらいの子たちが半数以上でした。
鳴いたりもせず、おとなしくしていました。

参加猫20匹以上で、決まったのは3,4匹くらい。チビ子猫がやはり人気でした。

DSC_0807.jpg

8月21日(月) 保護24日目

薬の残りが少なくなったので、病院へ。
薬は1日2回から1回になり、10日分出ました。これが終われば、もう大丈夫でしょうとのこと。
塗り薬をほとんどつけず、飲み薬だけで治ったのは、ムトーハップ風呂のおかげかな。
貴重なムトーハップをわけてくれたがんもちゃん、ありがとう。

体重1.85キロ。うちに来た時が1.2キロだったので、3週間ちょっとで0.65キロ増。食欲旺盛で、オグのご飯も横から奪うので、そりゃあ大きくなるはず。

お盆をすぎて、夜少し涼しくなってきたと思ったら、お膝猫しにくるニョンちゃん。
お膝猫が好きな人には、たまらない甘えん坊さんです。

DSC_0811.jpg

8月26日(土) 保護29日

目の周りの赤味もほぼわからなくなってきたので、やっと里親さん募集サイトに載せることにしました。
載せるための写真を撮らねばと思い、写真を撮りましたが、なかなかいい写真が撮れず。



IMGP3998.jpg

IMGP4004.jpg

ニョンちゃんの柄ですが、背中に黒い縞ブチがあり、ミッキーマウス柄のようなところもあります。

IMGP3984.jpg

ペットのおうちの募集タイトルは、「背中にミッキー柄!甘えん坊ニョンちゃんの里親様募集」としています。
募集番号は、173777です。

サイトはこちらをご覧ください。(リンクを貼れずにすみません)
www.pet-home.jp/cats/saga/pn173777/

8月27日(日) 保護30日目

オグのお気に入りスポットは寝室の窓辺に置いた元キッチンワゴン。
去年の夏は、オグとロクに加え、ジュロジュナちゃんがいたので、4人でかわるがわる使っていました。

上段にジュロジュナ、中段にロク。
近くに電線があるので、そこに来る鳥を見たりしていました。

IMG_20160829_070458.jpg

そのワゴンに今年の夏は上段オグ、中段にニョンちゃんがいました。

DSC_0848.jpg

ニョンちゃんは、窓の外よりもオグの尻尾が気になるようで、毎回、ここに来ると尻尾にちょっかいを出してオグに怒られています。

DSC_0846.jpg


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

保護猫続きます

7月3日にニーサが卒業して、秋生まれの子猫が来るまで、しばし休息と思っていましたが、猫神様は休息するのを許してくれなかったようで、7月28日に新しい子猫がきました。

ニニたちの記録もだいぶ遅くなって掲載したため、1か月以上たってからのブログ掲載になってしまいました。

7月28日(金) 保護1日目

ニニちゃんたち兄妹と同様に動物管理センターにいた子猫で、健康状態が少し心配な子がいるので預かってくれないかとの話が前日にありました。

どういう状態なのかを聞くと、カビが原因と思われる皮膚病ができている子で、センターの環境に置いておくよりも、一般家庭のほうがいいのではとのことで、私に預かってくれないかとのこと。

1週間後に家をしばらく留守にする用事があり、いったんは断ったものの、いつも協力してくれるがんもちゃんに私が留守の間、預かってくれないかお願いすると、快く承諾してもらいうちで預かることになりました。



生後2か月半くらいの白キジの男の子。
確かに左目の周りが赤くなり、腫れていました。
鼻の頭や手の先、体にも小さなハゲがありました。

うちに来る前に病院で診察してもらったところ、マラセチアによる感染のようで、皮膚の抵抗力が低下したりすると起こる症状とのこと。常在菌で、健康な猫の皮膚や粘膜にも生息しているようで、健康な猫には感染しないようで、ちょっと安心しました。

それでもしばらくはオグと隔離したほうがいいだろうと思い、ケージを組み立て、その中に入ってもらいました。
名前は、保護猫24号で、「によん」で「ニョン」にしました。
体重は1.2キロでした。

7月29日(土) 保護2日目

がんもちゃんには、私が留守にする8月3日の前日から預かってもらう予定でしたが、マラセチアでハゲができてるというと、それならムトーハップという薬用入浴剤が効くからということで、今は販売中止になっているムトーハップを持っているがんもちゃん宅で、薬浴させに行くことになり、それならそのまま預かるよと言ってくれまして、お泊りセットを持ってがんもちゃん宅へ。

がんもちゃん宅に着いて、バケツにムトーハップを1滴たらして、顔からムトーハップ水に突っ込むがんもちゃん。
それも1度でなく、5,6回も突っ込まれましたが、無抵抗のまま、頭から突っ込まれるニョンちゃんでした。

がんもちゃん宅の猫さんは、以前、カビによる皮膚病になり、病院の薬をつけても全然治らなかったのに、ムトーハップ浴をすると、治ったそうで、がんもちゃんの頭には皮膚病=ムトーハップのようです。

確かにネットで検索すると、ムトーハップに含まれる硫黄成分が皮膚にいいようで、販売中止になる前は、ペットの皮膚病には使われていたようです。

入浴後、左目の周りが痛々しいニョンちゃん。病院でもらった薬をつけて、腫れてしまいました。

DSC_0658.jpg

8月9日(水) 保護13日目

家に帰ってきて、夜、ニョンちゃんを迎えに行きました。
がんもちゃん宅では、がんもちゃんが家にいる時間は、ケージから出してもらっていたようで、がんもちゃん宅の長男猫さんにはかわいがってもらっていたようです。

何回もムトーハップ風呂に入れてもらっていたようで、ハゲはだいぶ落ち着いてきたようでした。
鼻の上がハゲいたのは、ほぼわからないようになっていました。

DSC_0765.jpg

8月10日(木) 保護14日目

私が仕事に行くときは、ケージ生活です。
帰ってきたら、外に出しています。
体全体の柄はこんな感じです。

DSC_0773.jpg

毛色の割合は白毛が多いです。
前髪ぱっつんな感じで、保護猫3号のサンちゃん(現レモン君)に似ています。
サンちゃんのように優しい家族に出会えますように。。

P1100387.jpg

8月11日(木) 保護15日目

海の日で休みでした。昼寝をしているとそばに来て一緒に寝ていました。
ゴロゴロ大音量で、人が好きなようです。

8月12日(木) 保護16日目

病院で処方された飲み薬が終わりそうになったので、病院へ行きました。
だいぶ治ってきているようでよかったです。
薬はまだ継続でしたが。
塗り薬は、塗ると目の周りが腫れるので、塗らなくなりました。
がんもちゃん宅で預かってもらっていたときも、ハゲにはムトーハップ!で塗らなかったようです。

私が留守の時、1人でずっとケージに入れておくのもかわいそうなので、(隔離できる猫部屋はエアコンがなく暑いのでエアコンのある部屋にケージを置いています)ケージから出せるように、血液検査もしてもらいました。

検査に必要な血液は3,4滴でいいそうですが、子猫の血管は細く、採血は毎回困難を極めます。
最初に首からしてもらいましたが、足りず、足からも採血することに。

結果は、エイズ白血病ともに陰性でした。
これでオグといつでも合流できるようになりました。
「改めて、オグ兄ちゃん、よろしくお願いします!」

DSC_0775.jpg

病院で量った体重は1.55キロでした。
チビチビ子猫が来ると、体重管理に気を付けますが、ニョンちゃんのようにある程度、育っている子は体重測定もさぼりがちです。
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
犬派の私が猫派に鞍替え!(と言ってもワンコも好きです。)
2012年10月に初めて猫を飼うことになりました。
茶トラ白のオグとの日々を綴りながら、ときどき子猫の里親募集も行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。