お宅訪問

ずいぶん前のことになりますが、趣味であるマラソン大会の際、里親さんのお宅訪問をさせていただきました。

まずは、11月の大会の際に2016年1月に保護した13号ことジューサ君改めルル君と15号ことジュゴ君改めララ君のお宅へ伺いました。
本当は去年もこの大会に参加予定でお宅訪問予定だったのですが、ちょうどロクの病状が悪化したため、大会をキャンセルし、お宅訪問もキャンセルさせてもらっていました。

里親さんは仕事終わりでお疲れのところ、お迎えに来ていただき、里親さんのお宅へ向かいました。
ルル君、ララ君は、私がお宅に入っても、人見知りせずお接待してくれました。

私たちが話をしている際に「僕のこと見て見て」という風に入ってくるルル君です。



ララ君は最初は遠巻きに見ている感じでしたが、慣れてくると一緒に紐で遊びました。

私が持って行った袋に興味津々です。

DSC_1098.jpg

二人とも大きくなっていて、ルル君が6キロ超え、ララ君も5キロ台で、健康的な毛並みもつやつやしていました。
お仕事が忙しい里親さんですが、二人で仲良くお留守番してくれて、とても感謝しているとのことでした。
里親さん、これからもルルララ君をよろしくお願いします。

2月の大会の際も里親さんのお宅訪問をさせていただきました。
こちらは、数回訪問させてもらっている2014年6月保護の1号ことイチ君改めナッツ君のお宅です。

大人になってきてちょっと人見知りになってきたナッツ君だそうで、テーブルの下からなかなか出てきてくれませんした。

DSC_2113.jpg

猫じゃらしでおびき寄せて少し遊んであげると安心したのか、出てきてくれました。

DSC_2121.jpg

壁でのび~~

DSC_2117.jpg

一人息子として、溺愛されているナッツ君で、ママさんの「ナッツ、かわいい」という言葉を何度も聞いてほほえましくなりました。

また機会がありましたら、お宅訪問させていただきたいと思います。
スポンサーサイト

お届けの日

1月中に終わらせるつもりだった風邪ひき3兄妹の卒業記事ですが、ついさぼってしまいました・・

保護22日目(12月23日)

この日は、サンちゃんが本当のおうちに行く日。

お届けは夕方なので、それまでに持たせるカリカリや爪とぎなどを準備しました。

うちに来たとき、ひどかったサンちゃんの目も少し瞬膜が出ているものの、何とかここまで回復しました。

DSC_1439.jpg

はっちゃんは、ほぼ治ったかな。



ニクちゃんは、まだ涙がウルウルしています。

DSC_1444.jpg

最後にもう1度病院へ連れて行って、念のため、サンちゃんとニクちゃんには、ジスロマックを出してもらいました。

DSC_1446.jpg

サンちゃんの出発前にみんなで記念撮影。
世話焼き大好きサンちゃんがニクちゃんの毛づくろいを無理矢理してました。

DSC_1451.jpg

手で抑え込んでまでやるサンちゃん。

DSC_1452.jpg

そして出発時間に。サンちゃんのお宅近くにある施設で待ち合わせでしたが、道が混んでいて少し遅刻してしまいました。
車で先導してもらい、サンちゃんのおうちへ。

お宅に着くと、ケージや猫タワーなど、いろいろグッズを揃えてありました。
地元の情報誌に掲載される里親募集で、ずっと子猫を探されていたそうですが、なかなかタイミングが合わなかったそうで、ご縁に至らなかったそうです。
たまたま私が11月に里親さん探しをしていたサンちゃんのようなキジ白子猫を載せていたのを見て、今回連絡していただき、ご縁につながりました。

おうちに着いてからのサンちゃんは、お部屋のあちこちを探検して、すぐになじみそうな感じで安心しました。
新しい名前は、クム君になりました。
なんでも、ご家族がお好きな韓国ドラマに出てきていた小さなかわいい男の子の名前がクム君だったそうで、それにちなんでクム君になったとのことでした。

最後にお母さんとパチリ。
早く風邪を治して、元気に長生きするんだよ~

DSC_1455.jpg

保護23日目(12月24日)

翌日は、はっちゃん、ニクちゃんのお届けでした。
二人のお届けは、4回目となる新幹線のお届けです。
これまでは東海道新幹線でしたが、今回は初の九州新幹線でした。
新幹線駅まで、電車で行くか、車で行くか迷いましたが、車で行くことに。初めて行った駅だったので、少し迷いましたが、何とか予定どおり乗車できました。

車内は、ガラガラでしたが、通路挟んで隣に座った子供2人が私が乗り込むと「猫ちゃんだ!」と気づいて、何度もキャリーの中を覗きにきてました。
二人とも全然鳴かずに静かにしていましたが、ときどき中をのぞくと、写真のようにニクちゃんは不安顔でした。
対するはっちゃんは、グーグー寝てました。さすがはっちゃん!

DSC_1458.jpg

新幹線に乗っている時間は1時間20分ちょっと。あっという間につきました。
駅まで里親さんに迎えに来ていただきました。

キャリーから出すと、部屋をさっそく探検する二人。
里親さんが準備してくださっていた猫じゃらしで元気よく遊んでいました。

DSC_1468.jpg

里親さんは、猫飼い歴も長く、猫話でいろいろと盛り上がりました。

DSC_1482.jpg

最後に私も二人と一緒に写真を撮ってもらいました。

DSC_1474-2.jpg

新しい名前は、はっちゃん以外考えられないとのことで、ハチマル君ではっちゃん、ニクちゃんは私とのやり取りでずっとニクちゃんと呼んでいたので、ニクちゃんでもいいかなと言われてましたが、感じで書くと「肉ちゃん」になるなあということになり、ミクちゃんになりました。

新幹線の時間があったので、後ろ髪を引かれながら、お暇しました。
里親さん探しが難航すると覚悟していた風邪ひき3兄妹ですが、無事、みんな本当のおうちに行くことができました。
風邪を完治させないまま、私の都合で年内に迎えてくださったそれぞれの里親さんに感謝です。

みんな元気に長生きするんだよ~

みんな里親さん決定!

風邪ひき3兄妹の卒業までの記録、頑張って書きます。

保護19日目(12月20日)

はっちゃんの希望者さんからのお申込み時には、お留守番があるので、兄妹一緒に迎えることも検討しますとのことだったので、ニクちゃんも一緒にお願いできればなあと思い、お願いしてみたところ、ご家族で考えられた結果、はっちゃん、ニクちゃんを一緒に迎えていただけることになりました!

DSC_1412.jpg

毎度のことながら、兄妹一緒にと言っていただけると、喜びも倍増です。

DSC_1408.jpg

みんな本当のおうちが決まったし、それまでに風邪を治さないとということで、病院へ行きました。

DSC_1403.jpg

ほぼ治っているように見えたはっちゃんもまだ少し目の腫れあり、ニクちゃんはまだまだ、サンちゃんは前回よりも腫れがひどくなったとの見立てでした。

DSC_1409.jpg

先生にみんな里親さんが決まったことを伝え、それぞれに持たせる用に同じ薬と目薬を出してもらいました。

体重 ニハチ 1,211g  ニク 1,065g サンマル 1,190g

保護20日目(12月21日)

みんなの健康チェックをすると、ニクちゃんはまだ目が涙目。

DSC_1418.jpg

サンちゃんは、昨日よりも少し腫れがひいたかな。はっちゃんは、もう腫れがわからないくらいになりました。

DSC_1415.jpg

体重 ニハチ 1,230g  ニク 1,079g サンマル 1,178g

保護21日目(12月22日)

サンちゃんお届けは、翌日23日、はっちゃん、ニクちゃんは翌々日24日となりました。

保護猫は体重を毎日量りますが、2キロまで量れるキッチンスケールに籠を置いて、その中に子猫を入れます。

はっちゃんは、結構体格がいいので、籠もミチミチ・・

DSC_1423.jpg

サンちゃんの目の様子は、昨日よりも少し改善しました。

DSC_1434.jpg

体重 ニハチ 1,286g  ニク 1,091g サンマル 1,214g

奇跡的な出来事

何とか今月中に風邪ひき3兄妹の記事を仕上げたいので、頑張って書きます。

保護16日目(12月17日)

前日にお見合いをして決まったサンちゃんですが、ニクちゃんとはっちゃんは、地元の新聞に載せてもらい、それを見た方から連絡があり、ニクちゃんも同じ日にお見合いをしました。
見に来られて、ニクちゃんを気に入っていただいたのですが、先住猫さんがいるという話で、その先住猫さんが保護したときから、ヘルペス持ちか何かでいつも涙を流している猫さんらしく、風邪をひいてるニクちゃんがその猫さんと暮らすのはどうなのかなと思いながら、保留返事はさせてもらいました。

DSC_1383.jpg

DSC_1381.jpg

新聞の掲載期限も終了し、問い合わせがなかったはっちゃん。
サンちゃんが決まり、ニクちゃんも獣医さんにヘルペス持ちの先住猫さんのところに行くのはどうかを聞いて、OKが出れば、決まり、はっちゃんも新しい本当のご家族とで新年を迎えてもらいたかったので、前日の夜に「ペットのおうち」に掲載し、さらにこの日に開催された譲渡会に参加させてもらいました。

DSC_1384.jpg

ただし、私はこの日は休日出勤だったため、1時から開催の譲渡会に仕事の昼休みに家に帰ってはっちゃんを連れて譲渡会場へ→気に入った人がいれば、譲渡の手続きは、ボラ団体さんにお願い→終わったらいつもお願いしてるシッターさんが自宅に連れて帰って私が迎えに行く、という段取りでした。

昼休みが12時からと思っていたら、交代で取るため、私は11時半からに。
それからダッシュで家に帰り、はっちゃんを連れて12時頃譲渡会会場へ。
結果、少し前までは代表さんをはじめ、ボラさんもいたそうですが、ちょうどお昼ご飯に向かわれた後だったようで、誰もおられず、そのままはっちゃんを連れて帰ってきました・・

昼休みが終わって仕事に戻る前にメールが来ていたのでチェックすると、な、なんと、はっちゃんへのお問い合わせでした。
隣県ではなかったのですが、九州内だったので、お話を進めさせていただくことにしました。

後から考えると、昼休みが12時からで、譲渡会場にだれかいて、はっちゃんを預けていれば、そのままそこで決まった可能性もあるわけで、ご縁がある方とはこうやって神の仕業しか思えないようなことがあるんだなあと思いました。

体重 ニハチ 1,149g ニク 1,029g サンマル 1,097g

保護17日目(12月18日)

この日は、天気が良かったので、猫こたつの上で、はっちゃんとサンちゃんがまったりしていました。

DSC_1386.jpg

ニクちゃんはこたつの中で伸びてました。

DSC_1388.jpg

はっちゃん、サンちゃんを見てると、サンちゃんがはっちゃんを毛づくろいしてあげてました。

DSC_1391.jpg

男の子同士ですが、ラブラブな二人なのでした。

DSC_1392.jpg

体重 ニハチ 1,155g ニク 1,010g サンマル 1,071g

保護18日目(12月19日)

はっちゃんは、瞬膜も出なくなり、ほぼ治ったように感じになりました。
猫こたつの中に体全部を入れると暑いのか、顔を出しているはっちゃん。こたつに上手に入ってる!と感心しました。

DSC_1393.jpg

サンちゃんは、瞬膜がまだ出た状態です。最初のころに比べたら、ずいぶん改善しましたが、この週末にお届けなので、治れ~治れ~と念じながら、目薬をしていました。

DSC_1396.jpg

そしてニクちゃん。
両目の瞬膜も落ち着いてきましたが、まだ涙は出ていました。

DSC_1398.jpg

体重 ニハチ 1,174g ニク 1,044g サンマル 1,125g

最後に話は別の猫さんになりますが、8月から9月上旬にうちにいたキジ白ニョンちゃんですが、その後、譲渡センターでずっとご縁を待っていましたが、1月12日に本当の家族が見つかったそうで、センターを卒業したそうです!

私が里親さんを見つけてあげられず、センターにいる後から来たご縁待ちの猫たちがどんどん決まっていく中、1番の古株になり、オグの弟に私が引き取った方がいいのかと何度も思いましたが、オグとの相性があまりよろしくなく(ニョンちゃんが元気すぎて、オグが圧倒される)、また、甘えん坊でかまってちゃんのニョンちゃんなので、1人暮らしの私だとどうしても思う存分、かまってあげたりもできないので、どうしたもんかと思ってたので、本当によかったです。

DSC_0862.jpg

ニョンちゃん、本当のおうちで本当のご家族に思いっきり甘えてください。
幸せになあれ!

お見合いしました

風邪ひき3兄妹は、新しいお宅で元気にしているようですが、まだまだうちで過ごしていた様子が続きます。

保護10日目(12月11日)

この日もみんなで病院へ。
最初に連れて行った際、サンちゃんからコクシジウムが出たので、その駆除薬を先週みんなに飲ませていたので、その検査も兼ねての診察でした。
無事、コクシジウムはいなくなっていました。
これまで私の中では、コクシジウムが1番やっかいと思っていましたが、今回、風邪がもっと大変とわかりました。
サンちゃんは、ウンが緩いので、下痢止めと整腸剤が出ました。

はっちゃんは、目がほとんど開いてません。



ニクちゃんは、両目、ひどいことになってます。
美人さんが台無しです・・
また、体がきついのか、食欲もないのか、ご飯もあまり食べず、体重も減りました。

DSC_1347.jpg

体重 ニハチ 1,057g ニク 851g サンマル 953g

保護11日目(12月12日)

サンちゃんの目の開き具合は8割くらいになってきました。
残念ながら、この日の写真がうまく取り込めず、写真がないのですが。
実はサンちゃん、4日後にお見合いが入りました。
サンちゃんの募集をどこかに掲載したりしていたわけではなく、たまたま先月卒業したキジ白と黒白の兄弟を地元情報誌に掲載依頼をしており、その子たちは、掲載依頼をした後の譲渡会で一緒に里親さんが見つかりました。
掲載の取り下げは間に合わず、そのまま掲載され、配布されたのですが、それを見られた方からのお問い合わせでした。
写真の子たちはいないですが、似た柄のキジ白はいます、といったところお見合いとなりました。
お見合いが決まったのは、12月9日。それから毎日の点眼、投薬の際も「治れ~治れ~」と念じながらやっていました。

体重 ニハチ 1,066g ニク 903g サンマル 930g

保護12日目(12月13日)

はっちゃんの目もだいぶ開いてきました。

IMGP4300.jpg

そして、サンちゃん!症状が出ていない右側に比べるとまだまだですが、眼球が見えないくらい瞬膜が腫れていた状態からすると、大改善です。

IMGP4301.jpg

体重 ニハチ 1,090g ニク 908g サンマル 941g

保護13日目(12月14日)

みんなでご飯を並んで食べています。
左から、サンちゃん、ニクちゃん、はっちゃん。
はっちゃんが一回り大きいです。
毛もちょっと長めで、将来は長毛か中毛くらいにはなりそうな感じです。

IMGP4304.jpg

体重 ニハチ 1,101g ニク 940g サンマル 971g

保護14日目(12月15日)

またまた病院へ。はっちゃんは、治ってきていると思ったら、先生の見立てでは、薬への反応が悪いようで、治りはいまいちだそう。
サンちゃんの治り具合は、いい感じだそうです。
ニクちゃんは、まだまだというところでした。

保護15日目(12月16日)

お見合いの日です。
お見合いは夕方からだったので、午前中に用事を済ませて家に帰ったら、なぜか猫こたつに入らずにケージに入れたキューブベットの上に乗っている皆さんでした。

DSC_1365.jpg

その後、猫部屋掃除のため、こたつ布団を外したところ、こたつ下で遊ぶニクちゃんとはっちゃんです。

DSC_1372.jpg

この日のみんなの目の状態です。

DSC_1374.jpg

DSC_1378.jpg

DSC_1379.jpg

夕方にあったサンちゃんのお見合いですが、風邪をひいていることは事前にお伝えしていたので、このくらいなら希望者さんが病院に連れていくので大丈夫ですとのことで、決まりました。

猫部屋で私が行くときは、ご飯とその後の投薬やら点眼やらで、一緒に遊んだり、甘えさせる時間はあまりなかったのですが(あまり猫部屋にいると、オグがナウナウ鳴くので)、希望者さんご家族が来られても、みんな人見知りせず、お膝に乗ったり、おもちゃで遊んでもらったりしていました。

本当はこの子たちも人に甘えたいんだなあと楽しそうに希望者さん達と遊んでいる姿を見て思いました。
お届けは、1週間後になりました。
それまで風邪を何とかしなければ。

体重 ニハチ 1,118g ニク 977g サンマル 1,018g

プロフィール

アンディ

Author:アンディ
犬派の私が猫派に鞍替え!(と言ってもワンコも好きです。)
2012年10月に初めて猫を飼うことになりました。
茶トラ白のオグとの日々を綴りながら、ときどき子猫の里親募集も行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR